お猿から人へ…世代をつないで進化していくアドベンチャーゲーム「Ancestors」の話

人類の進化論の一つに、「人は猿から進化した(正確には類人猿だが)」というのがある…

ゲームの概要

このゲームは類人猿であるプレイヤーがコミュニティの中で、道具の作り方などのアビリティを取得していき、次の世代へと継承させていき、人類になるのを目指していくオープンワールドアドベンチャーゲームである、

冒頭チュートリアルは基本操作と、様々なアクション(物を調べる、木から木へと飛び移る等)の触りだけ教えられて、他のアビリティの取得や、新しい世代への継承などの方法などはすべて手探りにもできる、完全にチュートリアルをオンにもできるし、逆にすべて手探りでやれるのもこのゲームの面白い所だ。

ゲームのシステムを探索していくのもこのゲームの醍醐味だといえるだろう。

迫りくる命の危険にどう対処するか

このゲームに置いて必ずしもプレイヤーが絶対的強者ではない、

ワニ等の捕食者、落下や茨による怪我等生命の危機から、いかに脱するかを研究していくのもこのゲームの醍醐味、体力を回復させるアイテムの研究や武器の作成も手探りで模索していくことになる。

次世代へのバトンの継承

プレイヤーの操作する猿にはもちろん寿命もある、なのでつがいを作り、子を産み、アビリティの継承で、命のバトンをつないでいく必要がある、

アビリティの取得→群れの拡大→次世代への継承がこのゲームの基本サイクルといえるだろう。

最後に

このゲームはかつて人類がそうしたように、様々な植物の効能や、道具の使い方などを自らの力で発見していき、生きていくゲームなのであまりネタバレはできない…

このブログを見て面白そうだと思ったらぜひプレイしてみてほしい。

Steam で 75% オフ:Ancestors: The Humankind Odyssey
『Ancestors: The Humankind Odyssey』で一千万年のアフリカを舞台に自らの一族を率いて、生き残るために探索し、生息範囲を広めて進化していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました